メインイメージ

有名な国産車メーカーについて

日本が世界に誇る国産車メーカーは、長い年月の中で統廃合や再編が繰り返されてきました。現在では、日本の自動車産業は大きく分けて「トヨタ系」と「非トヨタ系」に二分されています。

日本最大の自動車メーカーであり、世界トップクラスの売り上げを誇る国産車No.1のトヨタ自動車は、先日完全子会社化を発表したダイハツをはじめ、トラックやバス生産をメインとする日野自動車を傘下に従え、「スバル」ブランドでお馴染みの富士重工業の筆頭株主でもあります。

また、いすゞ自動車やオートバイなどを生産するヤマハ発動機にも出資し、米国フォードと決別したマツダとも業務提携をしており、近い将来にはフォルクスワーゲンと決別したスズキとも提携するのではと言われています。

非トヨタ系のメーカーは、完全に独自路線を歩んでいるホンダ(本田技研)、フランスのルノーと手を組んでいる日産自動車、三菱自動車が挙げられます。トヨタやホンダはハイブリッドに力を入れており、日産や三菱は電気自動車に力を入れています。