メインイメージ

国産車と外車のイチバンの違いとは

かつて輸入車は国産車と比べて価格が高く、高嶺の花でした。しかし、最近はその価格差が縮まり、これまで購入対象外だった人の中にも、購入を検討する人が増えてきています。そうなると、両者の違いやメリット、デメリットなどをよく理解していくことが重要になってきます。

国産車と輸入車の大きな違いの一つに、故障の発生率や信頼性の問題があります。国産車が故障が少ないということは、世界的にもよく知られていることです。故障の少なさが顧客満足度が高い理由ともなっています。

それに対して輸入車は、高級車が多いドイツ車であっても、故障発生率は比較的高いです。故障が多いと、日本人の多くは自分でメンテナンスをすることができないので、とても不安になることでしょう。

また、故障が多いと、修理代もかさんできます。それがたとえ小さなことであっても、故障のリスクを抱えながら運転するのは嫌だと思う人は、日本のクルマを選ぶのが良いでしょう。