メインイメージ

国産車の特徴

国産車の特徴といえばやはり故障の少なさ、各パーツの耐久性の高さといったものが挙げられます。

欧米各国のメーカーと国産メーカーのそれぞれの同クラスの車を比べてみても、タイミングベルトやウォ―ターポンプなどといった消耗パーツの寿命は国産車の方が各段に長いのでメンテナンス費が安価に済みます。

エンジンも丈夫で、普通に運転している限りエンジンが故障して買い替えるといったことはまずありません。燃費性能も高く、ハイブリッド車を世界初の量産に成功した後も各メーカーが競合して技術革新を進めているので年々性能は向上しており、この部門に関しては常に世界をリードしています。

万が一衝突事故を起こした時の安全性は、日本の道路交通法で規定された速度での衝突であれば世界最高クラスの安全性を誇りますが、アメリカやドイツのような速度制限のない高速道路を走ることを前提とした各国の車と比べると、高速走行時の衝突事故に対する性能はボディ剛性の低さもあり劣っています。

その他デザインに関しては今のところ世界に影響を与えてスタンダードになるようなものを作ったことはなく、近年は特に個性のないデザインが目立ちます。