メインイメージ

国産車の豆知識

国産車に関する豆知識として、2015年の新車販売台数は約500万台で、2014年と比べると9.3%の減少となりました。減少の背景には、景気がやや減速しているということも考えられますが、魅力的な新車のモデルチェンジが少なかったなど、様々なことが考えられます。

また、国産車メーカーの中で、最も販売台数が多かったメーカーは、言わずと知れたトヨタで、2014年の登録車の販売台数は1,422,250台で2位のホンダの381,278台を大きく上回っています。国産車シェアの約45%がトヨタです。また、世界すべての自動車メーカーと比較しても、トヨタはグループとして1000万台以上の売り上げがあり、世界第一の販売台数を記録しています。

トヨタのクルマがなぜ売れるのかというと、まず単純に他のメーカーよりも多くの車種を用意していることを挙げることができます。軽自動車以外、すべてのジャンルに複数台の魅力的なクルマを用意して他社の追随を許しません。

また、豊富な資金力、蓄積された技術や知識などにより、他社の一歩先をいくクルマ作りを行っているのも、トヨタが多くの人から高い支持を得ている理由です。

ハイブリッドシステムや燃料電池車など最新技術を世界に先駆けて導入しています。

また、高級車ブランドレクサスを立ち上げて、年々販売台数が増加しています。アメリカ市場だけでなく、これまでなかなか牙城を崩せなかったヨーロッパ市場でも、売り上げを伸ばしています。

有名な国産車メーカーについて

日本が世界に誇る国産車メーカーは、長い年月の中で統廃合や再編が繰り返されてきました。現在では、日本の自動車産業は大きく分けて「トヨタ系」と「非トヨタ系」に二分されています。日本最大の自動車メーカーであり、世界トップクラスの売り上げを誇る国産車No.1のトヨタ自動車は、先日完全子会社化を発表した...  続きはココから ⇒