メインイメージ

国産車と外車の違い

国産車と輸入車の違いの一つとして、外国のメーカーの中にはスポーツカーや高級車に特化したメーカーがあります。たとえば、イタリアのフェラーリやランボルギーニ、ドイツのポルシェなどはスポーツカーやスーパーカーだけを製造販売しているメーカーです。このようなスポーツカーに特化したクルマを製造販売している国産メーカーは存在していません。

また、ドイツのメルセデスベンツやBMW、アウディ、イギリスのロールスロイスやベントレーなどは高級車に特化しています。やはり高級車に特化した国産は自動車メーカーはありません。ブランドとしてトヨタのレクサスや日産のインフィニティなどがありますが、欧米の高級車メーカーには一日の長があります。

国産車メーカーの多くは、コンパクトカーから高級車やスポーツカーまでバランスよく製造しているメーカーがほとんどです。ただ国産車メーカーの中で、外国のメーカーにはないユニークなクルマ作りをしているメーカーもあります。それはダイハツやスズキなどの軽自動車を製造販売しているメーカーです。軽自動車の規格は外国にはありませんので、日本独特なものになります。

このように個性的なクルマ作りに特化している自動車メーカーは、国産車にしろ輸入車はにしろ確固たる地位を確立しており、多くの人が憧れを抱いています。そこには歴史に培われてきた魅力があります。ただ、近年国内外の自動車メーカーの統廃合が進んでおり、共同開発や技術提供などが進み、国産車と輸入車の垣根が少なくなってきています。

国産車と外車のイチバンの違いとは

かつて輸入車は国産車と比べて価格が高く、高嶺の花でした。しかし、最近はその価格差が縮まり、これまで購入対象外だった人の中にも、購入を検討する人が増えてきています。そうなると、両者の違いやメリット、デメリットなどをよく理解していくことが重要になってきます。国産車と輸入車の大きな違いの一つに、故...  続きはココから ⇒