メインイメージ

日本が誇る国産車

戦前の国産車は故障が多く、どうしようにもない乗用車だったと言われています。残念ながら、この面でいけば、アメリカ車は、故障が少なく、ラジエーターがショートすることも待ったック無かったと言われており、アメリカ車を輸送で使用していた陸軍の部隊等では、非常に評判が良かったと言われています。

しかし、戦後、現在では、アメリカ車やドイツ車等の外国製の乗用車は極めて故障が多く、3ヶ月に1回は修理が必要と言われている程です。それに引き換え、国産車の場合は、基本的にオイル交換を一年忘れていたとしても、しっかり走ってくれます。故障等起きた自動車は聞いたことがないといった人が多いのではないでしょうか。翻って、韓国車や中国車、アメリカ車等は、高いだけ高くて、故障が多く、加えて燃費も恐ろしく悪いとあって売れないといった見方が、ジャーナリストの基本的な見方と言えるでしょう。

国産車は、これ程までに評判が良く、また、性能的にも外国製の乗用車の追随を許さない等、非常に優れていると言えるでしょう。燃費の面についても、ハイブリッド車を我が国が初めて開発したことにより、実は、全てにおいて先行するといった形になってしまいました。

現在、1リットルで40キロメートルも走行できる程の乗用車が開発されてしまいました。これ程燃費の良い自動車は他国では絶対に創ることができないと言われ、この面では、当面の間は日本がリードしたままと言えるのではないでしょうか。

国産車の特徴

国産車の特徴といえばやはり故障の少なさ、各パーツの耐久性の高さといったものが挙げられます。欧米各国のメーカーと国産メーカーのそれぞれの同クラスの車を比べてみても、タイミングベルトやウォ―ターポンプなどといった消耗パーツの寿命は国産車の方が各段に長いのでメンテナンス費が安価に済みます。エンジン...  続きはココから ⇒