メインイメージ

海外と日本の車の違いとは

日本の車は右ハンドルで、海外の車は左ハンドルなのが一番大きな違いと言ったら、笑われるでしょうか。こども向けの説明のようですよね。

そもそもまず第一に日本車でも北米など右側通行の国へ輸出するときは左ハンドルにします。同じように海外の車でも日本向けの車は多くが右ハンドルに作られています。右ハンドルつまり左側通行の国は日本だけでなく、イギリスやオーストラリアなどいくつもあり少数派ではあります結構たくさんあるのです。実際に海外メーカーの車でも日本で買えば右ハンドルです。

しかし実はそんなに簡単ではないのです。現在の自動車、特にセダンやハッチバック車などはほとんどがFF車です。その多くがエンジンを横向きに搭載する横置きFF車です。そのエンジンは横向きであるために車体の中央には載りません。多くは中心から右側にずれて乗っています。つまり右側は少し重く、スペース的にも余裕がないのです。これは国産車でも海外車でも同じです。

つまり国産車はその狭いスペースのほうに運転席を設置してハンドルをつけなければならないわけで、スペース的にかなり苦しいのを乗り越えて設計しています。

しかしそれに対して左ハンドル車は余裕のあるほうにハンドルを設置できるので設計が簡単なのです。

つまり右ハンドルを基本に設計した国産車を左ハンドルにに変更するのは比較的容易なのですが、逆の左ハンドル車を日本向けに右ハンドルに変更するのは難しいのです。もちろん問題があるような変更が行われているはずもありませんが、微妙なフィーリングは違ってきてしまうのです。輸入車の右ハンドルと左ハンドルを乗り比べてみるとはっきりと差がある場合があります。

この様になんでもないようなことが、日本の道ににあわせて造ってあるかどうかの差となって残っているのです。やはり作られた国の様々な条件を反映してその車の個性が出来上がっているのでしょう。国産車なら当たり前のことがそうでもないのが輸入車ということになります。